【焼入れ】Skilletを愛でよう【シーズニング】

買ってよかったもの

What’s up 僕!

皆さん以前紹介したテキサス流ステーキの焼き方って記事がありましたが、今回はそいつに使うスキレットを新調したので、焼入れをやっていきたいと思います。
今回僕はLodgeのダッチオーブン・スキレットを買いました。

【絶品テキサス流】ステーキの焼き方 完全版
ステーキの本場、テキサスで焼く絶品ステーキの焼き方を紹介。

どうも焼き目がいい感じに仕上がって、熱が肉に上手く伝わりジューシーに焼けるようです。
ハンドルカバーも欲しくなる。

シーズニング

スキレットを買ってから最初にやる作業です。

シーズニングとかいうと難しく聞こえますが、下記の5ステップで簡単にできてしまいます。安心してトライしましょう!

  1. 洗剤で錆止め用の油を洗い流す
  2. 空焚きで水分を完全に飛ばす
  3. 油を引いて熱を入れていく
  4. クズ野菜(香味野菜の端っこなど使わない部分)を炒めて鉄の臭みを取っていく
  5. 拭き取ったあと、きれいな油で表面を塗りたくる

 

1.洗剤で錆止め用の油を洗い流す

しっかり洗っていきましょう。

2.空焚き

空焚きです。部屋でやると煙が出るから、自主的に外に出ました。消して妻から追い出されたわけではない。

3.油を引く

こんな感じで薄っすらでもOKです。持つ所とかも塗りますが熱くなっているので気をつけて。裏側も忘れずにね。

4.クズ野菜を炒める

クズ野菜投入。結構長めで10分くらい炒めてました。いい匂い。クズのくせにいい匂い。

よくわからないですが、ノリで追い油してしまいました。ドボドボ。

5.油を念入りに引く

クズ野菜を捨ててキッチンペーパーで拭き取った後、再度オイルを塗って黒光りさせてあげてください。

こいつはこれからのステーキの右腕として頑張ってくれるやつです。

料理に使った後は、洗剤を使わずに水洗いできっちり水分を吹き飛ばした後、油を塗る工程をしてくださいね。
洗剤を使ってしまったらまたシーズニングアゲインですので、そこんとこよろしくです。
あと、こびり付いた汚れは水を入れて沸騰させるくらい沸かすと簡単に取れますよー。

キャンプでも活躍しますので、お試しあれ!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント