Surface Goが気になる。

アメリカ生活

Hello Microsoft!

Surface Goが米国で出ましたな〜。一足先に発売されたのですが、日本では8月28日に発売されるようです。10インチって個人的には好きなサイズで小さいPCって、モバイルって感じがして良いと想います。持ち運びとかにも便利やし。

今日はそんなSurface Goを買ったという人の感想を載せながら買うべきか否かを検討したいと思います!

Surface Goとは

マイクロソフトが販売するタブレットのようなラップトップのようないいところ取りをしたSurfaceシリーズのもっとも価格の安い位置づけがされた製品。カテゴリ的にはラップトップ。一般的なWindowsのソフトを動かせることができるので、普通のノートパソコンとして使用が可能。でも時々タブレットみたいな使い方ができる。

スペック

ディスプレイ:10インチのタッチパネル (解像度 1800×1200)

記憶容量:64GB もしくは128GBのSSD

外部端子:USB-C×1、3.5mmヘッドフォンジャック、MicroSDカードリーダー

メモリ:4GBもしくは8GB

駆動時間:9時間

重量:522g (!)

良いところ悪いところ

CPUがインテル® Pentium® Gold Processor 4415Yという、まーモッサリしたヤツだそうで、それが唯一の欠点のような気がします。

記憶容量はSDカードで補強すればよいし、セカンドマシーンならいい選択肢。

しかも最安の構成でお値段399ドル!

これはマジで安いんですけど、日本で買う場合は6万4800円という為替では説明付かない値段の変わりよう。どうも日本仕様にはOfficeが標準で装備されているようですけど、こんなのGoogle Docで代用できるしいらねえ。仕事で使うなら別やけども。。

実際の使用者の声

色々レビューしているサイトがありますが、ここはあえて一般の方々の声を拾ってみましょう。

この男性はえらい褒めてます。Mini Surface Proだって。楽しむために使うってことは仕事用じゃないよってことかな。

スクリーンサイズも十分、実際の仕事で使える、ドロップボックスなどの連携、など彼は仕事で普通に使えると判断したようですね。

 

ミーティングのノート書き取りに使ったけど、確実に旅行や会議なんかに活躍できると。
こういう使い方を想定できそうですね。オフィスでは大型ディスプレイにつなげれば生産性も落ちないし。

 

OneNote!こういった使い方はSurfaceならでは。ほかのラップトップには真似できないやつ。

399ドルでこれしか書けないわ。ドヤァ。

返品を決めた男性。ハードは良いけど、タブレットモードが最悪とのことです。キーボードがなければ使い物にならないそうです。やはりタブレットとの併用は難しいのか。

最後にMicrosoftがやってるCMを載せときます。めちゃいいな!

うーん。迷う。けどおれよく考えたらChromebook持ってる!どうすんだ!

ASUSのChromebook C101PAを格安で買ったわ。
...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アメリカ生活
\HugLifeのフォローをぜひ!ヨロコビマス!/
HugLife

コメント