【サンフランシスコ発!】TIMBUK2のファクトリーショップでバックパックを格安で買おう。

買ってよかったもの

What’s going on !

ずいぶん街歩き用のバックパックを探してましたが、ようやく見つかりました。

サンフランシスコで行きたかったお店の一つにTIMBUK2というバッグを作っている会社があります。

もともとはメッセンジャーバッグを作っている会社だったのですが、色々とおしゃれなバッグがあると聞いて突撃してきました。

今回TIMBUK2がサンフランシスコ発ということもあり、ファクトリーショップに行ってきました。

結論から言うと30−60%の値引きが乱発されてて、めちゃくちゃお買い得です。

サンフランシスコに行ったら絶対足を伸ばしてみてください。町中から車で20分位です。

ちなみにここでは、カバンのカスタマイズができます。オンラインでもできるのですが、実際の生地の組み合わせを見ながら決めていくプロセスを経験できるのはファクトリーストアならでは。


外観はこんな感じ。

色々あるのでワクワク。

僕が買ったのはこのツルツルに防水加工されたブルーのロールバック。マットな感じが良いと思います。タックパックというモデルです。

シンプルなデザインにビニールの質感を持っており防水性があります。青というのは中々奇抜かもしれませんが、そのデザインのシンプル性と質感のおかげで違和感なく普段使いに合わせられます。
控えめに言って、とてもカッコイイ。

お値段なんと50ドル!
50%引きでした。横流しでビジネスできるくらいお得だぜ。

早速見ていきましょう。

ロゴにはSan Franciscoの文字。サンフランシスコのスペルがわからないときに便利です。

全面に財布やスマホが入れられるポケット。
防水チャック。最近増えてきてますね。硬めな感じが良い。どれくらい防水性があるのかは謎。通常は2回折りただんだ状態でバックルを止めているけど、荷物が増えれば、折り畳みを一回少なくして拡張できる。でも実際の拡張性はほとんど無いと思います。

背面にはPCを入れることのできるバッグ。このあたりは最近全て標準装備ですね。

そのPCポケットのすぐ上にありました。隠しポケット。
スマホは入らないけど、なんか入れられます。

ロールを開けたら大口の入り口が。チャックとかはないので、空きっぱなし。
中はタブレットとかPCを収納可能。
その他、ペン類が2本、中口のポケットが2つ。

使い勝手からいうと、このメインのバッグスペースには使用頻度の低いものを中心に入れておくのが良いかと。
財布や携帯などは外側のポケットのほうが良さそう。

それでも見た目のスタイリッシュな感じとは違い、十分なボリュームの荷物を突っ込めるので使い勝手が良さそうです。
カバンは本当に気に入れば何年でも使えるので、しっかり品定めしないとダメですね。
特に機能も大事だけど、デザインは犠牲にしたらアカンというのが過去の教訓です。

いやーテンション上がる買い物でした。しばらくはコイツを使い倒します!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント