大手レンタカー比較サイトを使わないたった一つの理由とオススメレンタカーサイト【アメリカロードトリップ】

Hey travelers!ノーサン@konabataです。
世間はハロウィーンで賑わっているみたいですね。みなさんは面白い仮装でも出来ましたか?
僕は仮想通貨の行方に思いを馳せていましたよ。

前回の記事でアメリカへのロードトリップへ行き方の第一歩、レンタカーの借り方について書きました。

初めてアメリカでレンタカーを借りる人へ。5つの手順と抑えるべき交通ルール【ロードトリップへ行くぞ】
海外でレンタカーを借りるのって中々のハードルだと思います。ここではアメリカのレンタカーを借りるまでの手順と抑えておくべき交通ルール、それから必須のアイテムの紹介をします。レンタカーを使ってどこまでも続く道の先を見に行こう。

この記事ではネットでレンタカーを予約するのにオススメなサイトを紹介します。

まずはレンタカーを選ぶ上で最重要ポイントを絞りました。

レンタカー選びで重要なポイント

着目点は下記のとおり。

  • 保険がきっちりカバーされているか
  • 予約時にオプションが選べるか
  • 走行距離に制限が無いか
  • 空港に併設されたレンタカーか
  • 無料キャンセルが可能か
  • 日本語表示で分かりやすいか
  • 全米をカバーできているか

 

この結果、脱落したサイトがいくつもありました。

どこだと思いますか?

旅行サイトぉ!!!!

エクスペディア、楽天トラベル、Rentalcars.com、スカイスキャナー、アウトー!!!
お尻バチーン。

レンタカー比較サイトを使わない理由

エクスペディアやスカイスキャナーは海外レンタカー界隈ではかなり有名で、特にエクスペディアなんかは航空チケットと抱き合わせで売ることによりレンタカーの値段を安くしたりして便利で魅力的。

しかし、僕はこれらのサイトを明確にオススメしない理由がたった一つの理由があります。

それは保険がカバーされないことです。

これらのサイトはレンタカーのサイトを横断して情報をまとめており、その中でも最安プランを提示するというサイトです。
一見、各レンタカーサイトを見回る必要がないので便利なのですが、サイトの性質上どうしても安いプランを引き出すために強制保険以外入ってないプランとかがわんさか出てくるのです。

任意保険の中でもLDW(またはCDW)、 SLIなどは絶対必要ですが、それらを外すことで安く見えるよう提示しているので、落とし穴だらけなのです。
色々試しましたが、追加オプションでもそういった保険に入る選択肢が出てきませんでした。

保険の無い人生ってロックだけど、得るものが無いですよ。

保険って何よ

保険には色々とありますが、基本的にこの2つがカバーされているかがポイントです。

  • 自車輌損害補償精度(LDWまたはCDW)

レンタル中に車輌を破損してしまった場合に免責額を除く範囲で費用負担の補償がされます。ハロウィーン中の渋谷に車で行くなら絶対必要。

  • 追加自動車損害賠償保険(SLI)

対人・対物に対する賠償保険です。ハロウィーン中の渋y

 

後は海外旅行保険でカバーされるので不要ですよ。

海外旅行保険はクレジットカードに付随しているものでカバー可能。この記事でも紹介します。いいやつ選んでおきましょう!

 

僕の厳選するレンタカー会社3

Alamo

Extended Protectionがオプションにあるので、それに入るとSLIがカバーされる。CDWは標準装備。
オプションはインファントシート、チャイルドシート、ブースターすべて準備可能。

キャンセルはネットで。キャンセル条件は予約時に要確認。

Dollar

ベーシックプランやディスカバーUSAプラン以外にはSLIが含まれる。LDWは標準装備。

チャイルドシート、ブースターはオプションにあるが、インファントシートは無い。

出発24時間前のキャンセルには$100、それ以前のキャンセルには$50かかる。

Hertz

ベストレートにはSLIが入っていないので、パッケージプランを選ぶこと。

インファント、チャイルド、ブースターシートすべてオプションで選択可能。

キャンセルはネットで対応。基本は無料。

 

AlamoやDollar, Hertzは非常に有名で、僕も過去に何度も利用している会社で問題はありません。

Hertzが最も大手なのですが、価格は高い印象です。

Avisも大手ですが、日本語サイトがクソ過ぎて使い物になりません。

使える比較サイトはあるのか?

 

ありまぁす!

レンティングカーズとホリデイカーズは優秀でした!

レンディングカーズ(Rentingcarz.com)

見やすいUIに基本的に車輌損害補償と対人対物保険、さらにベビーシートなどのオプションも選択可能。
ざっくり横断しながらレンタカーを探すのには便利です。

ホリデイカーズ (Holidaycars.com)

こちらも同じく見やすいUIですが、安い車の上位何個かは、SLIが入ってないとかいうパターンがあるのでご注意を!

 

必要な保険をクレジットカードで補える!

ちなみに海外旅行保険はクレジットカードに付随しているもので基本的にカバーされるので、改めて入る必要はないので安心ですね。

僕がオススメしているのは下記の楽天プレミアムカードです。

こちらにはPriority Passが付いているので、空港に併設されているラウンジが使えてしまいます!
使えるラウンジの数、世界1200箇所以上!
軽食やお酒はもちろんのこと、ラウンジによってはシャワーなんかも付いています。
Priority Passだけで年間30,000円ほどするのですが、このカードを持っていると海外旅行保険とPriority Passがついて年会費10,000円。

10,000円っ!

小学生が計算したのかな?くらい合わないですが、マジです。

最近、Priority Passは空港でのレストランでの食事負担とかもやってて、日本では関西空港の「ぼでじゅう」で3400円引きがついてきます。
一人でぷらっと入って、お好み焼きとビール2杯頼んで、適当にアラカルト頼んで2500円だったとしても、無料になるんですよ。
ぼてじゅう破産するやん。

と、まぁこれまだまだオーストラリア、シンガポール、イギリス、日本までにしか展開されておらず(2018年現在)、これから展開されていくサービスのようです。

当然、楽天プレミアムカードには年会費がかかるので、無料で保険付きがいいという場合は、一般の楽天カードでいいでしょう。


とはいえ、海外旅行保険の補償内容は無料のクレジットカードでは心配。という方もいらっしゃると思いますので、下記の通り比較表を参考ください。

保険の種類 楽天カード 楽天プレミアムカード
傷害死亡・後遺障害 最高額 2,000万円 5,000万円
傷害治療費用 1事故の限度額 200万円 300万円
疾病治療費用 1疾病の限度額 200万円 300万円
賠償責任(免責なし) 1事故の限度額 2,000万円 3,000万円
救援者費用 年間限度額 200万円 200万円
携行品損害 年間限度額 20万円 50万円

 

注意点

その海外旅行に関する費用を、該当のクレジットカードで支払っていることが条件となります。
例えば、航空券の購入や、当日空港までの交通費をクレジットカードで支払いましょう。それでアナタは保険でカバーされます。ゴイスー。

 

いかがでしたでしょうか?

意外と落とし穴がたくさんある海外レンタカー。いざというときのために自分がどんな保険に入っているか把握をして望めば要らぬ心配をしなくても良いです。
その結果運転にも余裕が生まれ旅を楽しめる結果に繋がります。ぜひともレンタカーを賢く借りてロードトリップにでましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
\HugLifeのフォローをぜひ!ヨロコビマス!/
HugLife

コメント