GoPro Hero7 Blackで星空撮れるんか?

カメラ

気になるよね。

どもノーサン@Konabataです。

星空撮影ってなんだか難しそうだと思って敬遠してる人も多いみたいですが、ぶっちゃけめちゃくちゃ簡単なんですよー。
今日はそんな星空撮影をGoPro Hero7でやってみたので、そのおすすめ設定方法と、準備するもの、僕がやったレタッチ(加工)をご紹介!

どんな星空が撮れたか

どうでしょう、なかなかでしょ?
愛車のバナゴンがいい感じです。

【旅好きに送る】GoPro Hero7を買うべき5つの理由と気をつけるべき注意点3つ
GoPro Hero4を4年間使い倒した僕がついにHero7へとアップデートしました。このアクションカメラの世界にそんな大きな変化は期待できないと思っていましたが、マジで素晴らしい進化を遂げていましたので旅を愛する皆様に全力でオススメします。弱点はあるものの、しっかり認識していれば初心者でも十分使いこなせます!是非とも次の旅のお供に!

ちなみにタイムラプスにしてみるとこんな感じ。

カメラGopro Hero7の設定方法について

星空撮影は長時間露光をするのですが、GoProにおいて重要な設定項目は下記の4つです。

♦ 撮影モードをナイトフォトモードにする
♦ ISOの設定をする
♦ ホワイトバランスを決める
♦ シャッタースピードを決める
ISO : 写真の感度。数値が高ければ高いほど小さい光量をキャッチできるけどノイズが発生する
ホワイトバランス:暖色や寒色など色の方向性を決定する
シャッタースピード:文字通りシャッターをあけているスピード

基本の考え方

シャッタースピードを長く確保し、十分な光量がカメラに届くようにして、ISOはできるだけ低く抑えることが重要です。
ISOを低め(400とか)にするのは、ノイズを抑えるためです。
ISOが高いとそれだけノイズが乗りやすいからです。

シャッタースピードが長すぎると、星の軌跡が出だしますので、30秒くらいが限界です。
つまり、30秒のシャッタースピードを決めてから、ISOの設定を決めていくのがセオリーです。

またホワイトバランスは寒色側の低め(4000K)が青色が入って星が綺麗に見えます。

設定していきましょう

それではこの写真を見ていただきましょう。
この設定は以下です。

GoProで撮った星空写真の未加工写真

今回の設定
♦ シャッタースピード:30秒
♦ ISO: 400
♦ ホワイトバランス:オート
♦ RAW

でも最初の写真と全然ちゃうやんけ

まぁ落ち着きましょ。
ここからレタッチをする番なんですが、手軽に行きたいのでここはiPhoneでレタッチしていきましょう。

Adobe Lightroom CC

Adobe Lightroom CC
posted withアプリーチ

 

今回イジる項目は下記のパラメーターのみなさんです。

♦ 露出(Exposure)
♦ カーブ(Curve)
♦ コントラスト(Contrast)
♦ ハイライト(Highlight)
♦ シャドウ(Shadow)
♦ 色温度 (Temp)
♦ 色かぶり補正(Tint)
♦ 自然な彩度(Vibrance)
♦ 彩度(Saturation)
♦ 明瞭度 (Clarity)
♦ かすみの除去 (Dehaze)
♦ ノイズリダクション (Noise reduction)

明るさを一気に調整

まずはカーブを調整しましょう。

写真のような形にすると、暗いところが明るく、明るいところが暗くなります。全体の明るさのバランスをとります。

続いて、露出(Exposure)、コントラスト(Contrast)、ハイライト(Highlight)、シャドウ(Shadow)をこのような数値に変更。

たいぶ明るくなってきましたね。

カラーを調整

色温度(Temp)を左側へスライドさせて青みを持たせていきます。
色香ぶり補正は少しだけ右側へスライドさせています。
自然な彩度(Vibrance)、彩度(Saturation)を少し上げて色を強調。

効果(Effect)の適用

これで写真のディテールを調整していきます。
明瞭度(Clarity)は画像の輪郭部分を強調しますので、ここをグッとあげると星がはっきりと現れてきます。
かすみの除去(Dehase)を上げていくと、これまた全体がクリアな印象になっていきます。

最後にノイズリダクション(Noise reduction)で、無理やり明るくしたりしたことで発生したノイズを取り払いましょう。
上げすぎると、ノッペリした印象になるので注意。

使った機材はこれ

GoPro Hero7
三脚

 

以上。ほんとにこれだけ。

きれいな星空写真を撮る条件としては下記3つを抑えれば大丈夫。

月が出ていない
周りに光源となるような強い光がない
空気が澄んでる場所(できれば)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カメラ
\HugLifeのフォローをぜひ!ヨロコビマス!/
HugLife

コメント