【厳選2品】子連れ海外旅行をする全ての方にオススメしたいグッズ【特にアメリカ】

どもどもノーサン@konabataです。

海外旅行の楽しみと言えば異文化との交流や、絶景などワクワクするものがたくさんありますよね。

中でも海外の食事は、非日常を彩る代表的なイベントなのではないかと思います。
でもアメリカに来た人は分かるかもしれませんが、アメリカって

 

結構飯マズくね?

 

分かるんですよ。ハンバーガー、ステーキ、なんかシーフードのグリルとか。
でもアメリカに旅行に来た場合、最低でも5泊くらいするんじゃないかと思うわけです。
毎日ハンバーガー食ってたらスーパーサイズミーよろしくの巨大化は避けられない。

「コメくいてぇ。味噌汁がぶ飲みしてぇ。」

ってジャパニーズソウルが叫び散らす姿を、過去たくさん見てきました。

ということで、本日はその日本食を渇望するアナタに贈るソリューションです。

この記事を読んだアナタはこれが可能になります。

♦どこでもご飯が食べられる
♦味噌汁だって思いのまま
♦煮物とかにチャレンジも可能
♦圧倒的に旅費(食費)を抑える

ヤザワのトラベルマルチクッカー

 

これがあればどこでも白米の王子様。
軽い、海外マルチ電源対応、2合をふっくらと炊いてくれる。
2合というのを少ないと思うかもしれませんが、おかずをスーパーとかで買って来たらそれなりにお腹いっぱいになります。
レトルトのカレーなんかとも相性良い。

どこでも使えるのが良い

車中泊でも使えるぜ

電源は100V〜130V、220V〜240Vと切り替えられますので、世界中で使えます。
ただし手動なので、その国に合わせて忘れないように切り替えましょう。

お米だってこの通りふっくら。2合で500mlが丁度良い。
もちろんすべてがパッカブルで小さく収納できるので、旅との相性も抜群。

料理だってできる。

右上にある銀色の物体が熱源となり、鍋を温めてくれます。
熱伝導がちゃんとしているので、普通に鍋として使うことができます。
シチューとか煮込み系の料理と相性が良さそう。やったことないけど。

2000台から買えるという激安価格

鍋、ふた、スプーンフォーク、専用ポーチがついて2000円台。
投げやり価格と我が家では呼んでます。

行く国のプラグの形に合わせて変換器は持っていきましょう。

折りたためるトラベルケトル

 

いや、ホテルにはケトルが設置されていることも多いのですが、
どうもそのケトル、信用ならんのですよ。
衛生面や、他の宿泊客が異常な使い方をしてたとか、そういうのを目にするとちょっと使うの気が引けてしまう。。

電気ケトルは使うな!ホテルで絶対に使ってはいけないもの!
関連

でも電気ケトルを家から持っていくのはデカすぎる。
そういった需要に答えてくれるのが、折りたたみ式ケトル。

これは我が家がアメリカで買ったケトルですが、とにかくコンパクトにまとまるので、
荷物を量を圧迫せずに済んでます。

これが

こうや!!

 

とにかくお湯があれば、選択肢が広がります。
これだけあれば、海外食で疲れた胃袋が全回復します。
下記のようなものが旅先で口にできれば十分。
もちろん海外電圧対応。

♦味噌汁
♦スープ
♦カップラーメン
♦コーヒー

我が家の家族構成と食費

ちなみに我が家は娘2人の4人家族なのですが、娘は現在10歳、9歳と育ち盛り。
一人前を食べるようになってきたので、一回外食するたびに50ドル〜60ドル(チップ込み)かかります。
これはいいレストランでもなんでもなく、普通のレストラン。
チップの要らないファーストフードでもだいたい30ドル以上します。
最低2食*旅行日数ってなると、かなりの出費ですよね。

食べたくないのに選択肢がなくて、ハンバーガー。
という厳しい状況は、トラベルグッズの力を借りることで避けることができます。
ストレスの無い旅を是非とも楽しんでください〜。

ではまた!

【海外旅行】月の半分を海外で過ごす僕のおすすめ便利グッズ8選【海外出張】
海外に持っていくものと言えば、パスポートや衣類などの必需品の他に、みんな大好きガジェットがあります。旅や出張をさらに快適にするための必須アイテムを激選。全力で夏休みを遊び倒せ!
【動画あり】アンテロープキャニオンXは人が少なくて最高だぞ【絶景】
誰もが世界の絶景シリーズで見たことのある風景、アンテロープキャニオンは写真の通りの世界です。今回いくつかあるアンテロープキャニオンの中でもCanyon Xという新しいスポットに行ってきました。まだあまりメジャーになっていないので、人も少なくゆっくり絶景を楽しめます。是非とも!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント