オイスターオイル漬けがあると多幸感に包まれる【動画】

ご飯

どうもノーサンです。

テキサスにはGulf Coastと呼ばれるメキシコ湾に面した沿岸があって、たくさんの牡蠣が取れます。

牡蠣フライも食べるし、ソテーも食べる。もちろん生で食べる習慣もあります。
生牡蠣はレモンと西洋わさび(Horse radish)、カクテルソースを付けて食べるのが南部流。

写真に写っているカップに入ってる白っぽい奴が西洋ワサビ。
赤いやつはカクテルソース。黄色いやつはレモンです。念の為。

家でも美味い牡蠣が食べたい

唐突ですが、家でも食べたいのですよ。
でも生はちょっと怖いので、どうにか手軽に美味しい牡蠣の食べ方は無いものかと。
これがたどり着いた答えです。

無駄に長い動画になってますので、手軽に作り方を知りたい方は記事の続きをどうぞ。

材料

♦オイスター
♦オリーブオイル
♦ニンニク
♦醤油、中華の素、砂糖
当ブログには材料は書いてくれるけど、分量が分からないというクレームをたまにいただきますが、
僕にも分からないんですよ。
だからスマンと思っています。

作り方

牡蠣の臭み。これはあなたが思っているより臭い。
だから買ってきたオイスターが入ってた液体に、ひょっとしてダシが出てるのでは?とか思ってはいけない。
しっかりと塩水に付けて臭みを抜いておくことが重要です。
身が脆いので、振り洗いというのをやるのですが、動画の3:14くらいを見てください。
その後キッチンペーパーで拭くなどして水分を取ります。

焼き入れ

まずは少量のオリーブオイルと炒めていきます。
調味料は無しで、そのまま。
牡蠣から出る水分がある程度蒸発してくるくらいでソースを投入です。
オイスターソースがあればそれで炒めるのが良いですが、僕の家にはなかったので、
それっぽい味を再現できないかと思って醤油と中華の素、砂糖を入れてみました。
よく考えたら、オイスターソースの味ってどんなんだったか覚えてないので、どれくらい近づいたかはわかりません。

オイル漬

蓋のできるガラス瓶とかなんでもOKです。
ニンニクを1片くらい包丁で潰して入れます。潰す理由は香りの出方が良くなるからです。良さはどんどん引き出していきましょう。
この後、牡蠣を投入して、ちょっとドン引きするくらいオリーブオイルを入れます。
牡蠣の肩まで浸かるくらい。
香り付けのハーブを入れておくのも良いです。
僕は鷹の爪を入れてピリッとさせたいのですが、娘からの多数決により却下されました。
瓶に入れた後は冷蔵庫で寝かせましょう。2日目くらいからいい感じになります。
2週間くらいは食べれるらしいのですが、そこまで牡蠣が残ってた試しが無い。

食べ方

バケットに載せて食べる。
パスタに絡める。
そのまま。なんだっていけてしまう万能オイスター。作り置きできるので、ちょっとしたおつまみに最高なんです。
ってことで今回はバケットを使っていきました。
ダイソーのスキレットを使ってます。
こういう料理にちょうどいいよね。
圧倒的幸福感…!!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ご飯
\HugLifeのフォローをぜひ!ヨロコビマス!/
HugLife

コメント