Logicool(ロジクール)のトラックパッド付きのキーボードが良さそう

アメリカ生活

iPadのキーボードはどれを選ぶの問題

iPad Pro用のMagic Keyboardが出ましたね。
これによってキーボードのみならずトラックパッドがついていることにより、iPadがラップトップのように扱えるようになるわけです。

確かにデザインは最高で宙に浮いているかのような感じは素晴らしいと思います。
でもイマイチ欲しいと思わないのは下記の理由から。

高い

いや、値段が299ドルってなんやねん。キーボードやぞ。
Chrome Bookに謝れ。あっちは200ドルやで。

重い

594gとのこと。
いや、iPadって軽くてサクサク動くのがいいんじゃない。
iPad本体の重さが468g。

本体より重たいキーボードって何様よ。

これはダメだわ。

Apple Pencilとかで書き込むとグラつく

せっかく高性能なタッチパネルがあって、お絵かきができたり、動画編集も直感的にできるっていうのに、画面に触れるとグラつくって、

イラつくよね。

Logicoolのキーボードを見てみよう。

お値段149ドル。半額じゃねぇか。
しかもBluetoothではなく、スマートコネクターを使っているので接続や充電などは気にする必要はありません。これはAppleが用意してるMagic Keyboardと一緒。

良いですね。

ちょっと詳しく見ていきます。

キーボードが取り外しが楽

キーボードを引っ張るだけ。僕はこっちの方が好きです。
背面はSurface Proを随分参考にした感じのキックスタンド付き。

ってか、完全にタブレットとして使うには単純にキーボードを外せば良い。

Magic Keyboardでも本体をスマートに外せるから、まぁどっちもいいなぁ!

深い角度まで寝かせられる

Magic Keyboardの寝かす角度がわりと浅いみたいで、Youtubeのレビュー動画見てても結構そこは皆さんコメントされていましたね。
Logicoolのキーボードならほら、ここまで寝かせられる。
ペンとか使うこと想定しているなら寝れるだけ寝た方がいいのよ。

ファンクションキーがある

どうですか。
ショートカットでかなり便利になったiPadの使い勝手も、まだ手が届かないのがファンクションキーにある。

  • ディスプレイの明るさ変更
  • キーボードのバックライトの明るさ変更
  • 音楽のコントロール
  • 音量のコントロール

これはMagic Keyboardにはないです。痒いところに手をリーチしてます。
めちゃくちゃいいじゃないですか!

重い

610gでMagic Keyboardより重たい。
なんやねんそれ!やる気出せ!

Logicool keyboardはiPad Proには使えない。

残念ながらコネクタの関係で、このキーボードはiPad Proには使えません。
だから比較しても仕方がないのですが、僕のお願いとしては

  • iPad Pro版を出してくれねぇかな。
  • もうちょい軽めでお願いします!

です。

逆に第7世代のiPadやipad Air(第3世代)にはAppleのMagic Keyboardがないので、トラックパッド付きのやつが欲しいという方にはいいんじゃないでしょうか?

だけどめちゃくちゃ重いよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アメリカ生活
\HugLifeのフォローをぜひ!ヨロコビマス!/
HugLife

コメント